八王子市予防接種情報提供サービス

職場復帰したら

▼育児時間
1歳に満たない子を育てている女性は、1日2回それぞれ少なくとも30分間の育児時間を請求できます。(労働基準法)

▼育児のための所定外労働の免除・短時間勤務制度
3歳に満たない子を育てている父母が請求した場合、事業主は所定労働時間を超えて労働させてはいけないとされています。(育児・介護休業法)
また事業主は、原則として、所定労働時間の短縮措置(短時間勤務制度)を講じなければなりません。

▼子の看護休暇
小学校就学前の子どもを育てている父母は、申し出ることにより、子ども1人につき年5日、2人以上の場合は年10日、子の看護のために休暇をとることができます。(育児・介護休業法)

▼時間外労働・深夜労働の制限・深夜業の免除
小学校就学前の子どもを育てている父母が請求した場合、事業主は制限時間(年150時間、月24時間)を超える時間外労働や、深夜業(午後10時から午前5時の間の労働)をさせてはならないことになっています。(育児・介護休業法)

▼その他、小学校就学前までに利用できる制度
事業主は、小学校就学前の子どもを養育する労働者に対して、区分に応じた措置を講ずる努力義務があります。(育児・介護休業法)
・短時間勤務 
・フレックスタイム制
・始業・終業時間の繰り上げ、繰り下げ
・保育施設の設置運営 など

≪戻る