「月刊・すくすく☆メール/6月号」

 こんにちは。「すくすく☆メール」です。
 いつもご愛読いただき、ありがとうございます。


★【季節のおたより】
6月は、衣替え、入梅、夏至…と続き、季節の移り変わりを感じる方も多いことでしょう。
また、6月は「食育月間」。この機会に、食について考えてみませんか?

■『食育』って、どんなこと?
『食育』とは、体や心を育む上での基盤となるもので、将来にわたって健全な食生活を送ることができる人間を育てることをいいます。そのためには、子ども自身がさまざまな経験を通して、正しい「食」の知識を習得し「食」を適切に選択する力を身に付けることが必要です。幼い頃からみんなで食べる楽しさを体験し、様々な食に触れる機会をつくることで、豊かな心の成長につながり、子どもは生涯にわたって健康で楽しい食生活を送ることができます。
子どもの食習慣は、大人の食習慣から生まれます。家族みんなで食卓を囲み、子どもに食べる楽しさを伝えていきましょう。

◎まずは「朝ごはん」から ~こんなにある「朝ごはんの役割」~
その1 「体のリズムを整える」 エネルギーが体全体に行きわたり、体は活動する態勢になります。
その2 「体温をあげる」 胃腸の働きが活発になり、体の中で熱がつくられ体が温まります。
その3 「脳にエネルギーを補給」 エネルギーが脳に送られ集中力や記憶力が高まり、楽しく元気に遊ぶことができます。
その4 「便秘を予防」 腸が動き始め排便をうながし、朝ウンチの習慣につながります。


栄養バランスに配慮して、家族で一緒に「いただきます!」で食べましょう。

■すごろく遊びを通して、食を学ぼう
八王子市の保育園では、バランスの整った食事について楽しく学べるように、幼児さん向けの食育すごろくを作成しています。お子さんの年齢や生活パターンに合わせてアレンジしながら、ぜひお楽しみください。下記のページからダウンロードできます。
>>詳細はこちら

■食育講座も開催 ~和食の魅力を再発見~
食育月間にあわせて、アテネオリンピックで野球日本代表チームの総料理長を務めた野﨑洋光(のざきひろみつ)さんを講師に招き、和食についての講演会を開催します。
テーマ:「みんなで学ぼう!伝えよう!家族をつなぐ和食の話」
日時:6月20日(土)午前10時〜11時45分
会場:クリエイトホール 5階ホール(東町5-6)
定員:200名(当日先着順)
お問い合わせ:保健所健康政策課(電話 042-645-5117)
>>詳細はこちら

■親子で挑戦!手作り「梅ジュース」
6月は青梅の季節。梅に含まれるクエン酸は、疲労回復や胃腸の働きを高める効果があります。
雨の日が多くなかなか外遊びができないこの時期は、お家でお子さんと一緒に「梅ジュース」づくりはいかがでしょうか?八王子市子育て応援企業「合同会社TONTON」さんのレシピをご紹介します。
青梅の爽やかな色、匂い、実の感触など、お子さんと五感で楽しみながら、ぜひ作ってみてくださいね。

・材料/ 青梅1キロ、グラニュー糖または氷砂糖 1キロ
・下準備/ 耐熱ガラス瓶を用意し、熱湯消毒をします。
(熱湯をビンに入れ、ビンを回して熱湯が全体に行きわたるようにします。そして、熱湯を捨て清潔な布で水分を拭き取り、ビンを乾燥させます。フタも同様に熱湯消毒をします。やけどに注意!)
・作り方
①青梅はたっぷりの水に2~4時間つけアク抜きをしたら、流水で洗います。
②かびを防ぐために青梅の水気をしっかり拭き取り、梅のヘタを竹串の先で取り除きます。
③青梅を冷凍庫で一晩以上凍らせます。
(凍らせると、梅の繊維が破壊しエキスが出やすくなります。凍らせておけばいつでも作れますよ)
④熱湯消毒をしたガラス瓶に凍ったままの青梅とグラニュー糖を交互に入れ、一番上はグラニュー糖になるようにします。
⑤フタをして冷暗所に保存します。
⑥2~3日するとエキスが溶け出してくるので、毎日ビンをゆすり梅がシロップに浸かるようにします。
⑦10日前後で、梅がしわしわになったらできあがり!(梅は取り出します。砂糖を加えて煮ればジャムになりますよ)
☆長めに保存するなら加熱殺菌を
できあがったシロップから梅を除き、ホーロー鍋で煮立たないように15分ほど弱火で加熱させます。途中、アクが出るので丁寧にすくいます。清潔な瓶に入れ冷まして冷蔵庫などで保管してください。
保存料なしですから、3か月を目安になるべく早めに飲みきるようにしましょう。

■お子さんの食に関する講座や相談
八王子市に3か所ある保健福祉センターでは、離乳食・幼児食講座や歯の教室、「育児・栄養・歯科相談」などを行っています。

・モグモグ学習会(離乳食学習会)などの講座についてはこちらから
>>詳細はこちら
・「育児・栄養・歯科」相談についてはこちらから
>>詳細はこちら

【6月の行事・暦】
6月1日  衣替え
6月4日~6月10日  歯と口の健康週間
6月11日 入梅(暦の上での梅雨入り)
6月21日 父の日
6月22日 夏至


★【市からの最新情報】

■イベント情報
・6月6日(土)八王子環境フェスティバル @八王子駅北口西放射線ユーロード、南口とちの木デッキ
環境をテーマにしたスタンプラリー、ご当地キャラのバラエティショーなどのイベントあり
>>詳細はこちら

・6月13日(土)~28日(日) ホタルの夕べ @夕やけ小やけふれあいの里
ゲンジボタルが幻想的に飛び交う様子が見られます。天気の良い、蒸し暑い日が観賞には最高。
>>詳細はこちら

■子育て支援情報など
・6月からスタート!「ハローベビーサポート」
 出産予定日1か月前から出産後6か月までのご家庭に、家事を援助するヘルパーを派遣する新たなサポートを開始(6月1日から開始/事前登録制/利用回数7回まで/1日2時間まで/1時間500円)。詳しくは、子ども家庭支援センター(電話 042-656-8225)まで。
>>詳細はこちら

・新しい大横保健福祉センターが6月1日にオープンします
 妊娠・子育て期のみなさんはもちろん、幅広い世代のみなさんの交流の場としてご利用ください。「赤ちゃん・ふらっと」もご用意しています。
>>詳細はこちら

■今月の「子育て応援企業」~新たな登録企業をご紹介~
「八王子富士森公園クーバー・フットボールパーク」(台町2-2)
平日10時~13時・未就学児限定の「キッズタイム」(親子で500円)が、のびのび遊べると人気
>>詳細はこちら


*∴∴∴∴☆∴∴∴∴*∴∴∴∴☆
この記事についてのお問い合わせ
八王子市子ども家庭部子どものしあわせ課
電話 042-620-7391 FAX 042-627-7776

▼市ホームページ 「子どもとその家庭」
>>詳細はこちら

▼公式フェイスブック「すくすく*はちおうじ」でも情報発信中!
>>詳細はこちら
*∴∴∴∴☆∴∴∴∴*∴∴∴∴☆